ホーム

2121/08完成の新不動堂

不動明王とは五大明王の一つで、大日如来が現世すべての悪を降伏させるために忿怒の相を表した姿のこと。

岡津不動尊不動堂

2022年4月1日 撮影
お動の桜

2021/08/28落慶

不動堂が建て替えられ、28日に落慶法要が行われた。氏子や近隣住民ら約40人が参加し、新たな不動堂の完成を祝った。 
建て替え前の不動堂は明治時代には原型があったとされる。 
 改修を重ねてきたが、風雨などによる劣化が進み、昨年8月に建て替えを決定。建て替えにあたり、氏子や近隣住民らおよそ140人から3千万円超の寄進があったという 
(以上神奈川新聞) 

不動尊の概要

岡津不動尊(不動明王)は鎌倉時代の1264(文永11)年に造立された大山不動=伊勢原市=の兄貴分と呼ばれ、江戸時代には各地から多くの参詣者があったという。


像 容

不動明王は三鈷剣(さんごけん)と羂索(けんじゃく)を持っています。

そして不動明王の両脇に明王を守るため童子が配されています。


クリックで大きい画像 ↑

不動堂落慶記念
演奏会写真等(2021/08/28)

flicker collectionへのリンク下記


役 員

岡津不動尊代表世話人
  渋谷 丈一

岡津不動尊司祭者 
  大橋 俊史

堀江 省一、渋谷 丈一
大橋 俊史

入 会

護持会会員募集しています

入会ご希望の方は下記までご連絡ください

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう